DORA麻雀 2ch

DORA麻雀の2chでの評判を見てみましょう。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | -
    << 映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 143 $の勝ち | main | 映画「インソムニア」の感想 & DORA麻雀の役「國士舞双」 >>

    DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 144 $の勝ち & 映画「メリー・ポピンズ」について

    0
      今日は11時から晴れだそうですパーンチ!(メ ̄ ̄)=○()゜O゜)⌒。。”アウッ!←コンタクト落ちたよ

      快晴ならば遊びに出てみよΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!

      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      映画って本当に面白いですよね〜
      ・・・という訳で映画の感想を紹介したいと燃えております!!!(゚∇^d) グッ!!
      とは言ってもみんなのシネマレビューですが( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ


      本日は「メリー・ポピンズ」の感想を紹介しようかと思っています!!!!(*゚▽゚)ノ


      この映画の製作年は1964年です!!

      監督はロバート・スティーヴンソン〔監督・1905年生〕とハミルトン・S・ラスケで、脚本がドン・ダグラディです!イヒヒヒヒー♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆ばんばん!!

      この映画でメインで出てくるのは、「風にのってきたメアリー・ポピンズ」 (パメラ・L・トラヴァース)です!!!σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

      この映画の声優さんを列挙すると、パメラ・L・トラヴァースってな感じ。ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

      以前洋画劇場で見たはずですが、内容は
      ほとんど忘れていました。
      けっこう教訓的というか、大人が見ても考えさせられるお話に
      なっていますね。

      ただ、前半は子供を意識したところが
      多く、かんじんのメリー・ポピンズが
      なかなか登場しないこともあって、
      間延びしたという印象です。

      実写とアニメの合成や、舞台である20世紀初めのロンドンの雰囲気は
      出ていたし、絵作りはよかったです。

      ミュージカルとしては、魅力のある歌が
      少ないのが残念です。
      「2ペンスを鳩に」は名曲であると今回認識しましたが
      、これはシチュエーションの影響が
      大きいです。

      そんなわけで、魅力はあると思いますが
      、個人的にはあまり好みではありません。



      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      麻雀の役って一杯ありますよね〜(〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆ウキャキャキャッ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
      という事で、今回は字一色を説明したいと思います!!!!Ψ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪


      字一色(ツーイーソー)というのはかなり珍しい役満の一つです。
      ここでは、先輩役の吉田と生徒役の東啓の2人に出てきてもらいましょう。


      ・字牌だけで完成させる
      ・ポン 明槓(ミンカン)をしてもOK


      吉田『漢字で書くとが「字一色」なので、イメージわきますよね。このような形です。
      ポンせずに作るとなりますとちょっと難しいかもしれません…。』


      東啓『大三元なんかと複合も可能なのかよ?「大三元 字一色」でダブル役満にはなりませんのなんだろ』


      吉田『ええ、なるよ。なかなか難しいですが「大三元 字一色」は不可能ではありません。
      大四喜(だいすーしー)や小四喜(しょうすーしー)とも複合は可能といえば可能になります("▽"*) イヤン♪

      同じ系統の役で「緑一色」という役満がある((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪』



      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      字一色(出現割合:0.008%)
      字牌が大幅に偏った時、手の中に見える「混一色、対々和」の目の前の上がりをいかに捨て強欲に走るか、"欲を出すセンス"が問われる役満。
      手広く打った場合は「混一色、対々和」に惑わされ、それでも突っ走るならばその牌を終盤に切るという大きなリスクを背負い、また序盤で決め打ちをする男らしい打ち方は出上がりの可能性を大きく損ねてしまう。欲の見せ所だ。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じ「(゚〜゚o)ウゥーン


      今晩はこの辺で
      今日は肩が痛いなあ
      お休み!(。・o・)お(。・д・)や(。・。・)す(。・_・)ノみ♪

      DORA麻雀の場代システム


      DORA麻雀




      おすすめ記事




      - | permalink | comments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | -

        この記事に対するコメント

        コメントする